腟外射精の後で低用量ピルを飲む事について

腟外射精は避妊にはなりません。
膣外射精をすれば女性の体の中に精子は入らず避妊になると思う方もいるかと思いますが、射精をしなくても女性の膣内にペニスを挿入している時点で精子が入ってしまうのです。
射精の前に出る精液の中にも精子が含まれています。
腟外射精が避妊にならないと知ってから低用量ピルによって事後避妊をしようとする方もいますがそれも間違いです。
低用量ピルは確かに避妊のために使われますが、あくまでも事前に妊娠しない体を作るものであり、もうすでに体に精子が入った状態から低用量ピルをはじめたところで避妊にはならないのです。

もしも腟外射精をした後で避妊をしたいなら低用量ピルではなくモーニングアフターピルを使う必要があります。
こちらも低用量ピルと同じような成分が入っていまうがモーニングアフターピルのほうが強い成分が入っています。
その分副作用も強いのです。
飲むと三日ほどで生理になり事後でも着床を防ぎ妊娠を防ぐことができます。

医師に処方してもらう場合はモーニングアフターピルと低用量ピルを間違える事は有りませんが知識のない人間がネットで間違えて低用量ピルを買い使ってしまうと大変です。
無駄な行為となり妊娠を防げません。
避妊したい方は避妊に対する正しい知識を持つようにしてください。

膣外射精は全く避妊にはならないということ、事後には低用量ピルでは避妊できないということも知っておいてください。
ネットの個人輸入代行のサイトのほうにも使い方や効能などが掲載されていますのできちんと読めば間違える事は有りませんが、効能を間違えることの他にも禁忌症で使うことのほうがもっと問題です。
また個人輸入は自己責任ですのでリスクも想定できる方しか購入してはいけません。