更年期にも効果がある低用量ピル

薬を持っている女性

低用量ピルと言うと、避妊のイメージが強いですが、低用量ピルの効果はそれだけではありません。
低用量ピルには、女性ホルモンの分泌を安定させる効果があるので、生理前の肌荒れや過食、情緒不安などの生理前症候群とよばれるトラブルの、改善や治療に処方される場合も多いです。
また、閉経前後に起こる更年期症候群と呼ばれる、ホットフラッシュやイライラの症状の緩和にも処方されます。
更年期は、女性ホルモンの分泌が、急激に減少する事により引き起こされる症状なので、女性ホルモンの分泌を安定させる事で、症状も改善する事ができます。
このような便利な薬が、ドラッグストアで購入できると良いのですが、残念ながら、婦人科などの医療機関で受診されてからの処方でなければ、購入する事はできません。

個人輸入代行の医薬品通販サイトなどでは、更年期対策として、様々な深いな症状に効果が期待できる漢方薬やサプリメントは、販売されています。
漢方薬は、更年期の治療のために、婦人科で処方される場合もあるので、医療機関を定期的に受診できないけれど、以前処方された漢方薬に効果を実感できた経験がある方ならば、購入してみると良いです。
更年期や生理前症候群などの原因の1つとして考えられているだけでなく、女性が不足しがちな栄養素である、鉄分のサプリメントもスギ薬局では、気軽に購入する事ができるので、生理前のトラブルや、貧血を自覚している場合には、取り入れてみると不快感を緩和できるかもしれません。
低用量ピルは、処方薬ですが、インターネット通販などでは、ジェネリックの物が販売されていますが、使用方法などを理解する前に服用してしまうと、トラブルの原因となってしまいます。

いずれにしても利用方法の知識を持った上で、正しく利用しましょう。