低用量ピルとコンドームの避妊の違い

低用量ピルとコンドーム、どちらの方が避妊にはいいのでしょうか。
まずコンドームですが大体95パーセントの確率で避妊できます。
コンドームとは陰茎にはめることにより精子が女性の膣内に入るのを物理的に抑制するというものです。
コンドームから精子が透過することはありませんのできちんとはめている限りはほぼ100パーセントの確率で避妊できます。
しかし使っている途中で外れてしまったり破れてしまい、避妊に失敗することもある事から95パーセントの避妊率になっているのです。

それに対して博多駅近くで処方されるピルの場合ですが、ピルは精子を抑制するものではなく女性の体を妊娠しない状態に保つのが目的であるため100パーセント避妊できるのです。
コンドームのようにずれるといった心配はありません。
もちろんこれもキチンと低用量ピルを飲んだ場合になりますが、偽薬も入っている低用量ピルの場合でしたら飲み忘れもありませんので失敗することもないでしょう。
ピルとコンドームと両方を使いますとさらに高い避妊率になります。

コンドームは避妊だけではなく性病を抑制する目的でも利用するものですので不安な場合は両方使うのがいいでしょう。
ピルはネットでも販売されていますが、信頼できる通販サイトを利用するようにし、掲示板などで個人間取引をするのはやめましょう。
本物を処方してもらえますし副作用についても説明してもらった上で使えますのでリスクも少なくなります。
ピルは逆に妊娠したい方や婦人系の病気にかかっている方でも利用することのできる利用用途の多い薬です。
これから避妊したい方はどのような避妊手段があるのかを知って自分に合った方法を選ぶのがいいでしょう。