低容量ピルは副作用が少なく安全

花の束を持っている女性

最近は、日本の女性もピルを使って避妊対策を行う方が増えており、望まない妊娠を回避する手段として、積極的に取り入れているようです。
一昔前までであれば、ピルはとても敷居の高いものであり、副作用もきつかったり、性に対して奔放な考え方の女性が服用するものといった誤解も多く、海外ほど広く浸透することはありませんでした。
低用量ピルが開発されたことによって、今まで心配されていた副作用もほとんどなくなり、また世の中がデジタル時代になったことで、正しい情報が広く発信されるようになり、低用量ピルによる様々なメリットが取り上げられるようになったことが影響しているようです。
低用量ピルはホルモン量が少ないながらも、避妊効果も高い上、毎月の生理時の様々な問題を解決してくれるので、女性に取っては非常に頼もしい薬です。
毎月やってくる生理時の、経血量の悩みや頭痛、腰痛の緩和も期待でき、ブルーディと呼ばれる憂鬱な日を、普段と変わりなく快適に過ごすことができるようになります。
経血量が多いと、こまめに生理用品を取り変えなければならない煩わしさや、ムレなどによるかぶれや気になるにおいなど、ストレスがたまることも増え、生理のピーク時が大切な仕事や遊びの予定とかぶってしまうと、万全の体調で迎えることができなくなってしまいます。

低用量ピルを服用し始めると、生理周期がぴったりと安定し、生理が早まる、遅れるなどのずれが全くなくなるので、体調を整えることが出来、精神的にも安定します。
また、避妊を男性任せにしなくても済むので、避妊対策がうまくいかなかったときなどでも、次の生理が来るまで、不安な毎日を過ごす必要もなく、予定外の妊娠で人生設計を狂わされることもありません。